1から6まで正しい音で!チューニングをしてみよう!

ギター講座

 

いざ練習!という段階でギターで音を鳴らして音が狂っていると

耳も良くならないですし、弾いてて気持ち悪いですよね?

 

弾く前の事前準備、チューニング

今回はそのやり方をご説明していきたいと思います!

 

必要なものは

1.チューナー

2.シールド

3.ドライバー

できればチューナーはクリップ式のものではなくシールドを繋いで使うチューナをお使いください。

 

なお、今回の記事はストラトタイプでのチューニング、調整になります。

レスポールや他のギターですと六角レンチなど別の道具が必要になりますが

チューニングや調整の仕方は基本的には変わりません。

音の名前を覚えよう

チューナーに表示される音の名前はドレミファソラシド表記ではなく英語で表記されます。

ですので、その英語表記での音の名前を覚えなければいけません。

この画像の通り例えば「ド」の音を弾いているとチューナーでは「C」と表記されます。

 

ピアノでの黒鍵部分にあたる部分、例えば「ド♯」

そのような♯した部分を弾いた場合チューナーでは「C♯」と表記されます。

♯は半音上 ♭は半音下という意味になります。

 

チューナーによっては♯表記、♭表記の場合がありますがどちらの場合でも

表記が違うだけで音が変わるわけではないので徐々に慣れていくと思います。

ギターのチューニングの音

ではギターのチューニングする際の音は何の音なのか?

まず基本的なギターのチューニングではフレットを押さえないで音を鳴らします。

この何も押さえない弦のことを開放弦と言い開放弦を鳴らしながらチューニングしていきます。

 

弦の太い方が6弦で細くなるにつれて数字が小さくなっていく。

そして太い方から「E・A・D・G・B・E」という並び順になります。

「ミ・ラ・レ・ソ・シ・ミ」と覚えても良いです。

 

このチューニングをレギュラーチューニングと呼びます。

チューニングしてみよう

合わせる音がわかったら早速チューニングをして見ましょう!

 

画像で示してある真ん中の「0」の位置に合うように調整していきましょう。

0よりマイナスになる場合はチューニングが下がっていて

0よりプラスになる場合はチューニングが上がっています

 

その場合、画像のようにペグを反時計回りに回すと音が高くなり

時計回りに回すと音が低くなります。

そうやって真ん中に合うように調整してください。

オクターブチューニング

開放弦でのチューニングが終了したら次はオクターブチューニングをします。

 

オクターブチューニングは通常のチューニングと違って行う頻度は少なくても良いと思います。

例えば弦の交換後だったりライブ前

そういった時に行う程度で大丈夫ですが、やってももちろん構いません。

 

そしてこのオクターブチューニングとは、弦を押して弾くとチューニングがあったように聞こえない

そういった場合開放弦の音と12フレット(オクターブ上)の音を同じにしてあげる調整が必要なのです。

 

手順は

1.開放弦のチューニング

2.12フレットでハーモニクス音

3.12フレットを押さえて弾く

4.サドルの調整

サドルの調整をしたら1に戻るといった形で行なっていきます。

ハーモニクスの鳴らし方

ハーモニクスの鳴らし方ですが、画像のように12フレットを押えるのではなく触れって弾いてみてください

そうするとポーンといった音がなると思います。

 

そうして開放弦とハーモニクスのチューニングが合ったら

12フレットを押さえて(実音)を鳴らして合わせていきます。

サドルの調整

開放弦を鳴らし、ハーモニクスを鳴らし、12フレット押さえて実音を鳴らした音を確認すると

開放弦はあっているのに12フレットの音はずれているというのを調整していきます。

その調整する部分がブリッジにあるサドルオクターブスクリューを回して調整していきます。

開放弦の音より12フレットの音が低い場合赤い矢印の方へ

開放弦の音より12フレットの音が高い場合青い矢印の方へ

それぞれネジを回していき何度も調整していきます。

これを繰り返し開放弦と12フレットの音が揃ったらオクターブチューニングは終了となり

チューニングも全て終わりになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

根気のいる作業ですがギターを弾く上でとても大切な作業です。

 

自分の練習にとっても大切ですし、

聴かせる場合でも演奏は良くてもチューニングがずれているとそれだけで台無しになってしまいます。

 

そういったことを無くすためにもチューニングはしっかりしておきましょう!!

 

コメント