カッティングとは?ギターのフレーズをファンキーにしよう!

ギター講座
ブラッシングとは?コツを覚えてブラッシングを弾いてみよう!
今回は「ブラッシング」と呼ばれるギターのテクニックを見ていきましょう! 「ブラッシング」とは簡単に説明しますと左手で弦をミュートし、 「ジュクジュク」といった音程感のないサウンドをだしパーカッシブなアクセントを出していく...

前回は「ブラッシング」というテクニックを練習してもらいました。

 

今回は「ブラッシング」からの応用とも言える「カッティング」というテクニックを覚えていきましょう!

The Doobie Brothers「Long Train Runnin’ 」で見られるコード弾きのカッティング

Red Hot Chilli Peppersの「Can’ t Stop」のイントロで見られる単音弾きのカッティング

またはそれらを織り交ぜたカッティング。

 

ではカッティングとブラッシングは何が違うの?となると思いますが

譜面上も同じ書き方ですし、やっていることも実際かなり近いですが、

 

ブラッシング=左手でミュートして弦をピッキングしパーカッシブな効果をえる奏法

カッティング=左手、時には右手も使いミュートや休符を織り交ぜながらリズムを生み出す奏法

といった感じでしょうか。

 

そしてカッティングと呼ぶのは日本だけです。

外国では「Strumming」と呼ばれ、ブラッシングもカッティングも一括りにされています。

 

言葉では説明が難しくとも、カッティングとブラッシングの違いは練習したり、

そういった曲を聴いていくうちにカッティングとブラッシングの判断ができるようになります。

 

それでは曲で練習して行きましょう!

【課題曲】

【ドラムオンリー】

【TAB譜】

今回は1小節目の弾き方、押さえ方が4小節ずっと同じパターンです。

 

今回のTAB譜の赤い枠の部分に小さい点が付いていますね?

これは「スタッカート」と言い、弾いた音を短く切って演奏しましょうという記号になります。

 

それではカッティングの注意点、ポイントを見て行きましょう!

カッティングのポイント

それではこの課題曲でのカッティングのポイントを見ていきましょう!

 

カッティングはミュート休符リズムを生み出すテクニックと冒頭で紹介しました。

 

ということはミュートをする左手時には右手、そしてリズムを生み出す右手

両方がとても重要なテクニックといえます。

 

ではこの課題曲での左手、右手の使い方を見ていきましょう!

左手

今回は以前のブラッシングでのミュート方法とは違い

コードの形のままミュートをし、ミュートの音を入れて行きます。

ではこの押さえ方をただ指を触れさせた状態で良いのか?と言われたらそうではありません。

やはりこのフォームを崩さないまま

全弦指を2本以上触れさせてミュートを行わなければなりません。

 

ではどのようにしていくのか?

正解はこの青い部分指の先や指の腹、親指を使いミュートしていきます。

こうすることで全ての弦が2本以上の指で触れているため余計なサウンドがならなくなります。

 

実際のフォームはこのようなロックフォームの形でコードを握るようなフォームで押弦をしています。

これで実音、ミュートの切り替えを瞬時に行うことができます。

右手

スタッカートとは違い、こちらも新しく出てきた記号ですね!

これは「アクセント」の記号で、その部分を強調しなさいという指定になります。

右手の脱力

このカッティングは名前の通り歯切れの良さが重要になってきます。

その歯切れの良さにおいて重要なのは右手の脱力と言って良いでしょう。

 

 

これは言葉でも、動画でも伝えにくい部分で、自身でコツ、感覚、要領を掴んでもらう所になってしまいますが、

あえて言葉で例えるなら、準備運動で手首をぷらぷらさせる運動をすることがありますよね?

あれと要領は一緒と言ってもいいでしょう。

 

不思議なことに、力をこめて弾いた方がスピードもでて良いのでは?

と思うかもしれませんが、脱力をし手首のスナップで弾くことが歯切れの良さに繋がっていくのです!

 

扉のドアノブを回すような感じで手首を使い弾いていくのが良いでしょう。

アクセントの部分

それなら強調するためにはアクセントの部分は強く弾くんでしょ!?

と思うかもしれませんが、こちらもただ強く弾くだけではありません。

 

先ほど同様に手首のスナップを使ってアクセントを付けていきます。

先ほどの脱力をし、手首のスナップで弾くというのに

さらに早く振り抜くように弾くことがアクセントをつける弾き方です。

 

ギターにおいて無駄な力が入ってしまうことは右手、左手ともに天敵です。

カッティングはさら高速になるにつれ、この脱力はさらに重要になっていきます。

 

力は最低限で良いのです。どれだけ力まず余計な力が入らないかが

カッティングだけではなく速く弾く上でとても重要になってきます。

単音のカッティング

【課題曲】

【ドラムオンリー】

【TAB譜】

基本的にはコードのカッティングと要領は一緒ですが、コードとは違い左手だけではミュートができない面があります。

そういった部分を右手でミュートをしていきますので、その右手でのミュートを見ていきましょう!

右手でのミュート

ではこのフレーズでの右手でのミュートを見ていきましょう!

 

単音弾きのカッティングではコードとは違い、左手だけで指が2本以上触れるというのが困難な面があります。

 

そういった場合にどこでミュートをすれば良いか?と言われたら

説明の通り右手でもミュートをしていくということになりますね!

 

ブリッジミュートでミュートをしていたこの部分、プラスで小指の側面を使うのも可です。

それをミュートを弾く時に今回はブリッジではなく、画像のように弦にそのまま右手を置きます。

そうすることで左手でもミュートをし、右手でもミュートをしているので、

結果的に指2本以上触れているのと同等の効果を得られますね!

 

単音弾きはコード弾き以上に、ミュート部分以外でもノイズがでやすく難易度があがりますので、

ゆっくり慎重に弾いて少しずつ目標のテンポに近づけていきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カッティングはリズムを生み出しフレーズがファンキーになり、かっこいいグルーブを生み出すテクニックです。

 

ですので、リズム感や音の切れ味、ミュートと

左手右手の兼ね合いがとても重要になってくるテクニックでもあります。

 

そしてカッティングはシングルピックアップと相性が良く、さらにはテレキャスターとの相性は抜群に良いです。

 

日本だと若くして亡くなってしまったTHE MICELLE GUN ELEPHANTの「アベフトシ

ギターを知らなくてもその名前が知られている元BOOWYのギタリスト「布袋寅泰

 

最近のバンドも負けてはいません!

ポルカドットスティングレイの「パンドラボックス」のイントロで聴ける高速カッティングなど。

カッティングの名手や曲はまだまだ沢山ありますので、そういったプレイを聴いて、見て参考にしてみるのも良いでしょう!

 

コメント