予算はおいくら??値段でみるギターの選び方!

ギター選び

いざギターを始めよう!

と思っても働いていて・アルバイトしていて貯金がある

という人が全員ではなく

学生、ましては中学生ですとアルバイトは出来ない

そういった方もおられると思います。

そこで今回はエレキギターを値段から選ぶことに焦点をあて

個人的主観や好みからギターを紹介していきたいと思います。

そこで、ここでは予算を最大10万円と想定し

ギターの備品(アンプ)等の予算は含めず

あくまでエレキギターを買うことだけを値段に応じて想定し、提案していきたいと思います。

そして新品でギターを買うのか、中古で買うのかによってもまた提案の仕方が変わってきますが

概ね新品で買うことを予想して紹介し、場合に応じて中古での提案もしていきたいと思います。

7万〜10万円

よくギターをやっている人の言葉で

最初はある程度の質が良いもの買ったほうが良い」

なんて言葉を聞くかと思います。

そういったレベルのものをこの値段なら買えるかと思います。

始める方に厳しいことを言うことになりますが、7〜10万円は大金です。

お金があり、尚且つやめない自信がある方でしたらこのお値段、もしくはそれ以上で

チャレンジするのも十分ありかと思います。

SCHECTER(シェクター)

このギターブランドにはランクがあり、高いものから比較的安価なものまであり

プロのギタリストでも数多くの方がこのブランドを使用しています。

ダイヤモンドシリーズと呼ばれる画像のギターの中にもいくつかランクがあり

定価という観点からは予算をオーバーしてしまう物もありますが

基本的に楽器屋やネット等で買う場合は予算内で買えるかと思います。

個人的にはこのSD-2と呼ばれるギターをオススメします。

こちらも定価という観点などをみると予算オーバーですが

楽器屋のセールや特価等が重なれば十分予算内で行けると思われます。

個人的にオススメの理由としましては

24Fありよっぽど特殊出ない限りハイフレットで困らない。

・搭載している機能により多種多様なジャンルに対応できる。

・ストラトタイプで癖がなく弾きやすい。

という点です。

PRS SEシリーズ

このサイトで幾度となく登場していますが、中高生から圧倒的支持を受ける

ONE OK ROCKUVER world

海外ですとSANTANAOrianthi

そんな一流アーティストも数多く使うギターメーカー

Paul Reed Smith(ポール・リード・スミス)通称PRS(ピーアルエス)

見た目の芸術性、サウンド、弾きやすさ

どれをとっても一流のブランドです。

上記に上げた方たちと同じクラスのギターを手にするとなると

グレードによってもことなりますが

中古でも20万以上、新品ですと3050万、もしくはそれ以上

そこまでの値段だとなかなか手が出しづらいと思います。

ですがこの画像のようなPRS SEシリーズ

つまりは廉価版なのですがそこはPRSを謳っているだけはあり

値段相応、もしくはそれ以上のサウンドや弾きやすさを提供しています。

この動画の場合はクリーンサウンドが多めですが

ロックにも対応できるサウンドを出すことももちろん可能です。

そういった面でこちらもかなりおすすめしたいギターです。

3〜7万円

この予算になりますと先ほど紹介した予算710万円のギター

どうしても新品で手に入れたいと思うなら楽器屋のセール、新品特価等の時を狙う。

単純に手に入れるだけなら中古というのも視野に入るお値段だと思います。

Fender Japan、Fender Mexico

この予算内で新品でおすすめするギターとしてあげるなら

やはりFender(フェンダー)のギターではないでしょうか。

以前紹介したストラトキャスターテレキャスターと呼ばれるギターを作る会社です。

このFenderに限った話ではありませんが

ギターのグレードによってお値段が大きく変わります。

Fenderは作られる場所等で大きく値段が変わります。

その中では比較的安価で買えるFenderのJapanMexicoをおすすめいたします。

このあげた2種類でもやはり高いものも存在します

予算内で買えるストラトキャスター、テレキャスターその他Fenderのギターももちろんあります。

Squier(スクワイヤー)

このSquierと呼ばれるブランドはFender社が使用する

安価なタイプのギターにつけられるブランド名とお考えください。

だからといって品質が極端に悪くなるといったことはないです。

こちらですと十分に予算内に収めることができると思われます。

国産ブランド

ここで個人的におすすめしたいのが国産ブランドのギターを中古で買うという手段です。

IBANEZTOKAI(東海)Greco(グレコ)FGN(フジゲン)といった日本のメーカーが作るギターです。

・海外のギターは作りが荒い

と言われることもあります。

もしくは適当に安価なギターを選んでの中国製など。

どちらも全部が悪いとは言い難いですが

人の感じ方にもよりますが、いわゆる当たり外れがあったりするものです。

日本人は所謂職人気質などと言われていますが、そういった面がギターにも現れています。

フジゲン製のIBANEZGrecoなど少し製造年が古くなりますが

そういったギターは今でもマニアの間では人気があります。

そういった日本製のブランドのストラトタイプやレスポールタイプ

を選ぶのも一つの手として参考にしてもらえたらと思います。

5000円〜3万円

ここまでの予算ですと新品購入ですと初心者セットも視野に入ってきますね。

初心者セットでしたら個人的にYAMAHAIBANEZ(アイバニーズ)など国産メーカーを選びますが

初心者セットではどっこいどっこいな面もあるかと思います。

そういった面も考え好きなアーティストと同じ形の予算内の物を選びモチベーションを優先

させるのも一つの手だと思います。

ハードオフや中古市場、フリマアプリ

こういった物を活用していくのも一つの手ですね。

中古市場やメルカリもそうですが、必ず出来るとは言えませんが

値下げ交渉ができるという点です。

そういったものを活用して予算内に収めていくのもありだと思います。

PLAYTECH

PLAYTECHというギターの何が凄いかと言われると物にもよりますが

ずばり値段です。

この動画のギターの値段は6500という衝撃的な安さになっております。

ちょっと前の時代だったら考えられない安さですね。

こういった価格帯ですとぐっと手を伸ばしやすいのかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どのご予算帯でもまだまだいろんなギターがあります人によっては別の提案もあると思います。

僕の場合は最初に手にしたギターが未だにメインギターですので

個人的に思うことはギターをやり続けるのならば手にしたギターをずっと大切にしてほしいメインギターじゃなくなってもたまに手にして初心に帰れる。

そんな最初の一本を見つけてもらえたらと思います。

コメント